歯の矯正ってどのくらい期間かかるんだろう

周りで歯の矯正をしている人が居たことのある人は疑問に思った経験があるかもしれませんが、歯の矯正器具をかなり長い期間つけているため、いつまであの器具をつけているのだろうと考えてしまうものです。歯の矯正は一般的にも長い期間を要すると言われていますが、実際のところどのくらいの期間がかかるものなんでしょうか。

チタンサブリメーションポンプ

まず、歯の矯正には二つの段階があり、1つは矯正器具をつけて歯並びを修正する期間、そしてもう1つは矯正器具を外してリテーナーという歯の位置を固定する器具をつける期間です。一般的に歯の矯正の期間は矯正器具をつけている時だけがそうだと思われがちですが、リテーナーで歯の位置が安定するまでが矯正の期間になります。

ンビザラインとは-東京 青山アール矯正歯科-目立たない矯正装置マウスピース矯正インビザラインとは(透明な矯正装置・取り外しできる矯正装置)-

それでは矯正器具をつけて歯の位置を修正する期間はどれほどかかるのかと言えば、個人差はありますが平均して2~3年であると言われています。やはり歯というのは歯茎にしっかりと根ざしているものでありますから、それくらいの長い時間をかけて徐々に移動させていく必要があるのですね。ですから、2~3年は頑張って矯正器具をつけておく必要があるでしょう。



そして矯正器具によって十分に歯の位置が修正された後のリテーナーを付ける期間もまた、矯正器具を付けたのと同じくらいの期間が必要であると言われています。ですから、2~3年であるということですね。たとえ矯正したと言っても、リテーナーを使用しなけれ歯は元の位置にもどろうとしますので、しっかりとした期間をかけて歯を固定する必要があるのです。以上のことから、歯の矯正にかかる期間の平均から考えて、短くて4年、長くて6年は見ておかなければならないと言えるでしょう。